iPhoneのカレンダーアプリからデフォルトアカウント(iCloud)が消えた時の対処法

ある日突然、iPhoneの標準カレンダーからデフォルトのアカウントが消失。特定のカレンダーの非表示ではなく、アプリ内からアカウントごと消えてしまいました。

プライベートな予定を中心に、様々な予定を入れていただけにパニックに。紙の手帳は使っておらず、今後のすべてのスケジュールがわからなくなってしまうという最悪の事態に…しかもMacとの同期はしておらずiPhoneの単独運用…母艦につないで復旧も望めません。

で、それを何とか復旧出来ましたというお話しです。

スケジュールは本当に消えてしまったのか??

とりあえず、予定のデータがiCloudに保存されているか確認するために、コンピュータからiCloudにアクセスします。 https://www.icloud.com/

iCloud

Apple ID と パスワードを入力して、カレンダーを選択。

残っていました!予定!取り急ぎ直近の予定を紙に書き込みます。

 

さて、iCloud上にスケジュールが残っていることが確認できたので、あとはiPhoneに反映させるだけです。コンピュータからiPhoneに戻ります。

設定→iCloud に移動。

カレンダーの部分を一旦オフにして、オンにします。

これで内容が更新されるはず……

が、しばらく待っても更新される気配がありません。当然、スケジュールは回復しません。

 

困った…(オンオフだけで更新が始まる場合もあるみたいです)

 

しかし、あーでもない、こーでもないといじっているうちに、強制的にカレンダーを更新させる方法を見つけました。(iOS 7の場合)

カレンダーの強制更新手順

カレンダーアプリを起動

カレンダー(画面中央下部)を押す

表示されているカレンダー一覧が出ます

適当なところを掴んで、下に引っ張る!(メールの更新みたいな感じで)

「更新中」という感じのトグルがクルクルと回り出します

 

そして、ついに、、戻ってきました!デフォルトアカウント!(iCloud)

良かった…おかげで今後の予定がわかるようになりました。

ちなみに、本日の予定は午前中に宅急便を受取る という一件だけでした。同じような境遇の方の手助けになれば嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください