【孤独のグルメ8第9話】御茶ノ水の南インドのカレー定食「三燈舎」サントーシャの絶品ミールスを堪能

三燈舎_ミールス

カレー激戦区、神田御茶ノ水に2019年5月にオープンした南インド料理店「三燈舎」(サントーシャ)。

9月ころに一度食べに行ったのですが、孤独のグルメの次回予告(2019年11月29日放送Season8第9話)に掲載されていてビックリ!
放送後では大行列になってしまう!と慌てて日曜のお昼に再訪してきました。(平日は別途ランチメニューがあるようです)

今回も料理の写真多めでお届けします!
三燈舎_入り口

開店時間は11時。ちょっと遅れて11時10分ころ到着したところ、開店前に並んでいたお客さんで既に満員。

お店の方からも「40分〜1時間ほどお待ちの可能性あります。すみません」と。

 

45分ほど並び店内へ。シンプルでカフェのようなオシャレ空間。
三燈舎_店内内装
(写真撮り忘れたので9月訪問時の写真)

三燈舎_コップ
おしゃれなコップ。とても小さくて水不足を心配するが、ステンレスの水差しが各テーブルにあり一安心。

三燈舎の絶品ミールスとご対面!

三燈舎_ミールス
お待ちかねのミールス登場!並び始めてちょうど1時間。

今回の注文
三燈舎ミールス 1,850円(税込)
チキンカレー、魚のカレー、サンバル、ラッサム、トーレン、バスマティライス、バトゥーラ、パパド、マサラワダ

三燈舎_ミールスメニュー解説
サンバル、ラッサムだけでなく、バスマティライスまでのおかわり自由という驚き。

三燈舎_チキンカレー
チキンカレー。スパイス濃いめで心地よい辛さ。ショウガの千切りが良いアクセントです。辛さが苦手な方は店員さんに相談したほうが良いかもしれません。(マイルドにしてくれるかは不明ですが、、)

三燈舎_魚のカレー
魚のカレー。チキンカレーよりマイルド。バトゥーラ(揚げパン)との相性抜群。

三燈舎_サンバルラッサム
サンバルは粘りがなくサラサラ系。あっさりしていて食べやすい。カレーと混ぜるのにちょうどよい感じ。

ラッサムは酸味が強めで目が覚める感じ。いろんな味が混ざってしまった時に一口飲むとシャキッとする。

おかわりをお願いするとインド風のステンレスの容器から、これまたインド風の杓子で入れてくれます。

そして、パパドが大きめで嬉しい。パリパリと割ってたくさん食べられます。

三燈舎_パドゥーラ
バトゥーラという揚げパン。油っぽくなくモチッとしたところもあり良い食感。

三燈舎_バスマティライス
パスマティライス。カレーなどが入った銀カップをトレーの外に出しライスを3等分か4等分に。それぞれに好きなカレーをかけて、サンバルもかけて、パパドも砕いて入れればバナナの葉に広がる美味しさ。
ライスはおかわり自由。湯気が立つほどのホカホカバスマティを銀の器から好きな量盛り付けてくれます。

この他にドリンクが付きます。今回はラッシーを選びましたが、チャイを選ぶと店員さんが空気を入れて泡立てるパフォーマンスをしてくれます。

ミールス以外の美味しい料理たち

三燈舎_カダラカレー黒ひよこ豆
黒ひよこ豆のカダラカレー 1,080円(税込)
まろやかそうに見えますが、ちゃんとスパイス効いてます

三燈舎_カダラカレー黒ひよこ豆_具だくさん
黒ひよこ豆の量がすごい。とっても具だくさん。

三燈舎_プットゥ
プットゥ 700円(税込)
カダラカレーに合うということで頼んでみました。

三燈舎_プットゥ_側面
これでもか!という量のココナッツ。謎に包まれた料理。初体験。
南インドケララ州の料理で、粉とココナッツを円柱の型に入れて蒸して押し出す。実際に作っている様子をYou Tubeにアップされている方がいました。(三燈舎さんの動画ではありません)

ぼそぼそとした食感。口の中の水分を一気に持っていかれます。奥が深いぞ南インド。

三燈舎_ビリヤニ
9月訪問時に頂いたビリヤニ。マトンかチキンか忘れた、、ボリューム満点なんですが、全体のまとまりがよく気づいたら完食していました。

美味しいのはもちろんですが、お店の雰囲気や接客に至るまで素晴らしいお店。教えたいけど教えたくない。
そんなお店ですが、孤独のグルメで紹介されたらどうなってしまうのか、、ディナーは予約ができるようなので、余裕を持って予約訪問したいと思います。次回はドーサも食べたい。

注意
孤独のグルメのドラマ内では御茶ノ水のお店という紹介ですが、最寄り駅は小川町駅(都営新宿線)淡路町駅(丸ノ内線)新御茶ノ水駅(千代田線)、神保町駅からも歩けます。

しかし、オープンして間もないのにどうしてこんなに素晴らしいお店なのか?神田経済新聞に答えが書いてありました。

八重洲の南インド料理店「ダバインディア」で修業を積んだオーナーが、「奥深く多彩な南インドの食文化や専門料理を伝えたい」と、同僚のインド人コックと共に独立しオープンした。
出典:神田小川町に南インド料理店「三燈舎」 ケララ州の定食・軽食を提供

ダバインディアといえば、グルガオンやカイバルという銀座の有名店の姉妹店ではありませんか!
このエントリーを書きながら、無性にグルガオンのチーズクルチャが食べたくなりました。

三燈舎 店舗情報

住所:東京都千代田区神田小川町3-2 古室ビル 2F
電話:050-3697-2547
営業時間:ランチ 11:00-15:30 (LO 15:00) ディナー 17:30–22:00 (LO 21:00)
定休日:月曜日
Webサイト:南インドの軽食と定食 三燈舎 SANTOSHAM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください