【本人(猫)出演&実話】「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」ほっこり猫映画

派手さのない日常の連続と、ねこ

ロンドンの街並みと、ねこ

かわいい、ねこ

シネスイッチ銀座で「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」という映画を観てきました。随分と前にスローフードの大切さを伝えるフランス映画を観た記憶が。


公開初日ということで、かなり席が埋まっていて、空いているのは最前列と二列目。なんとか二列目にすべりこんだ。立ち見も出て、大盛況でしたね。

派手さのないロンドンの日常

ストーリーとしては、1人の青年がヘロイン中毒から抜け出すというもの。実話を元にしたお話ということで、大きな波乱は起こりません。小さな、確かにありそうだと思う波乱は随所に。それがまた、リアリティ。大どんでん返しや、裏切り、そういったものを観たい人には全く向かないですよ。そこがいいんですが。

そして、ロンドンの街並み。きっと、あまり演出されてないというか、ほとんど日常のロンドンなんじゃないかなと。行ったことないので、ロンドンに住んでたことのある方のご意見欲しいところです。

懐かしいなとか、あ、あそこ行ったことある!とか、感じるんじゃないかしら。

 

こちらは、シネスイッチ銀座に飾られていたポスター。原作者(主人公)のサインが入っています。

劇中に出てくる肉球スタンプも

シネスイッチさんの手作りかしら?

ねこの名演技!

さて、最後までとっておきましたが、ねこ。

ボブと言う名の野良猫が可愛いのです。まさかの本人(本猫?)出演です。(全シーンではないようですが)

ほんとにハイタッチするんですよ。猫のハイタッチですよ。されたいでしょ??

さいごに、カメラワークがいいのよ。猫の目線、グッときますね。

気まぐれな猫、誰かのそばに居たいという欲求じゃなく、なんとなく居心地がいいとか、ここにいても嫌じゃないとか、そんな理由で、そこにいるんでしょうね。

それが、猫、そこがいいのよね。

人間だって、ここに居続けたい!誰かと一緒にいたい!と、強い想いを持てる人ってそんなに多くないんじゃなかろうか。そして、そんな場所に出会える機会も少ない。

ここに居ていいんだな。居心地悪くないなと思える場所を見つけられたら、それはとても幸せなことなのでしょう。

そんな風に思えて、ほっこりして。猫好きなら最後にちょっぴり泣いちゃう映画でした。

元となった書籍も出ています。映画館でも販売されていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください