【固定費無料】ダウンロード販売サービスの手数料と収入を比較表にしてみた

okane

デジタルコンテンツ(音楽、写真、文章、映像)をダウンロード販売する場合の手数料等をまとめてみました。

「月額利用料」などの固定費が無料の4つサービス「note」「Gumroad」「BASE」「DLマーケット」を比較します。

目次

  1. 100円のコンテンツ販売が可能な4つのサービス利用料等を調査。(月額利用料等 固定費は全て無料)

  2. 実際に100円のコンテンツが100個売れた場合(売上1万円)に手元に入る金額を算出

  3. 100円、1,000円、10,000円の商品が100個売れた場合の比較表を作成

100円のコンテンツ販売が可能な4つのサービス利用料等を調査

note

【決済手数料】5%
【プラットフォーム利用料】10%
例 100円の商品を購入した場合の手数料
{100円-(100円*0.05)}*0.1=9.5円
【振込手数料】260円
【最低販売金額】100円
【最低支払い金額】1000円
【振込先】銀行口座

 

Gumroad

【決済手数料】5%+25セント(25円に換算)
【振込手数料】3.6%+40円
【最低販売金額】99円
【最低支払い金額】10ドル(1000円に換算)
→デポジットが10ドル以上になったら
【振込先】PayPal

 

BASE

【決済手数料】3.6%+40
【振込手数料】250円
2万円未満の場合、事務手数料は500円
2万円以上の場合、事務手数料は0円
【最低販売金額】50円
【最低支払い金額】751円
【振込先】銀行口座

 

DLマーケット

【決済手数料】15.4%(1000円以下)
10.3%+62円(1001円以上)
【振込手数料】315円
【最低販売金額】30円
【最低支払い金額】316円
【振込先】銀行口座/PayPal

 

実際に100円のコンテンツが100個売れた場合(売上1万円)に手元に入る金額を算出

note

(100円*100)-(販売手数料9.5円*100)-(振込手数料260円)=8,790円

Gumroad

(100円*100)-(販売手数料30円*100)-(振込手数料292円)=6,708円

BASE

(100円*100)-(販売手数料43.6円*100)-(振込手数料750円)=4,890円

DLマーケット

(100円*100)-(販売手数料15.4円*100)-(振込手数料315円)=8,145円

 

100円、1,000円、10,000円の商品が100個売れた場合の比較表を作成

140424_charge_00

注:GumroadはPayPalへの入金のみ対応。現金として引き出すにはPayPalから銀行口座への振込手数料が必要。5万円以上→無料、5万円以下→250円。

【オマケ】決済手数料0%「SPIKE」の場合

決済手数料が0% 「SPIKE」というサービスが始まりました。販売最低価格が300円ということで今回は比較から外しました。
→【衝撃】決済手数料タダ!日本人が作った簡単オンライン販売サービス「SPIKE」スパイクに早速登録してみた

SPIKE(フリープラン)
【決済手数料】0%
【振込手数料】500円
【最低販売金額】300円
【最低支払い金額】1000円
【振込先】銀行口座/PayPal

140424_charge_01

 

300円、1,000円、10,000円 の商品100個が売れた場合を表にしてみました

140424_charge_02

まとめ

100円程度→「note」「DLマーケット」
1,000円程度→「BASE」「SPIKE」
10,000円程度→「BASE」「SPIKE」

小額決済には「note」や「DLマーケット」が有利ですが、価格が上がるに連れて変化していきます。STORES.jpというサービスもありますが、掲載点数が5点までという制限があります。月額980円のプレミアムプランは商品数「無制限」です。

まずは、各サービスのフリープランから始めてみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です