【衝撃】決済手数料タダ!日本人が作った簡単オンライン販売サービス「SPIKE」スパイクに早速登録してみた

top_spike

決済手数料がゼロのオンライン販売サービス「SPIKE」(読み方 スパイク)のオープンβ版がリリースされたので早速登録してみました!

めっちゃ詳しく登録方法を解説していきます。

日本人が作ったということもあり、言語の壁もなく、登録はとっても簡単!

販売用のリンクやページがあっという間にできあがります。

今までの決済代行はとっても面倒!

インターネット上で販売をするにあたり、壁となるのが決済手段。クレジットカード決済代行会社と契約を結ぶ必要があり、登録や審査など面倒な部分がたくさんありました。(もちろん、金銭を扱うことなので新調な審査を否定はしません)

個人で気軽にオンライン販売を始めてみたい!とか、テスト的に販売してみたい!そんなライトユーザーには敷居の高いものばかりでした。

 

基本無料で手数料も激安なサービスが続々登場!

PayPalが日本でも浸透し始め、オンライン販売や決済はとても身近になりました。

デジタルコンテンツを簡単に販売することが出来る「Gumroad

BASESTORES.jpなど、無料でネットショップを開けるサービスも登場し、オンライン販売がグッと身近になりました。

そして、今回登場したのが「SPIKE」早速登録してみましたが、シンプルで簡単でした!

(2014年4月15日のベータ版ですので登録画面等は変更されている場合があります)

 

SPIKEに登録してみよう!

「SPIKE」の公式サイトにアクセスし、右上の「アカウント作成」ボタンをクリック。

01_spike

 

メールアドレスとパスワードを設定します。(Facebookアカウントからも登録可能)

02_spike

 

以上、登録完了!

え?これだけ?あっという間に専用のダッシュボードが出現しました。

左のメニューから「商品管理」を選べば今すぐにでも販売ページが作れるんですが、とりあえずアカウント情報を管理しましょう。

03_spike

左のメニューから、「アカウント管理」を選ぶと、ユーザー名や、メールアドレスの変更が行えます。また、販売者情報の設定が出来ます。

04_spike

 

販売者情報に必要事項を入れていきます。(今のところ、ここに登録した住所等は外部には表示されないようです)

特定商取引法に関しては別途ページを作ってURLを入れてくださいとのこと。ここはちょっと わかりづらいかなと思います。

05_spike

 

販売金額を振り込む口座などを登録。

06_spike

 

商品登録がとっても簡単!

ダッシュボードから、右上の「商品を作成する」を選択。

15_spike

  • 商品名
  • 金額
  • 商品説明
  • 商品画像

08_spike

金額は300円から3万円まで。

09_spike

メイン画像の他に、6枚まで追加画像をアップできます。
高解像度の写真をアップするようにと言われています。
10_spike

 

デジタルデータではなく、「現物」を販売する場合は左下の「購入時に配送先の入力を必須にする」にチェックを入れましょう。
11_spike
「保存する」 ボタンを押して商品の登録が完了!全世界に向けて販売が開始されます。
12_spike

「購入ボタン」を押すと、サイト内に埋め込めるボタンのコードが発行されます。

14_spike

 

発行されたURLにアクセスすれば、商品ページが完成しています。とてもシンプル。

13_spike

画像をクリックすると商品ページにジャンプします。

 

さっそく商品を登録してみましたが、知り合いが描いてくれた僕の似顔絵を勝手にアップロードしただけで、中身は何もありません。

テスト商品ですので間違っても購入しないようお願いします。

SPIKEで購入

今後がとっても楽しみなサービス!

決済手数料こそ無料ですが、自分の口座への振込手数料や返金手数料などはかかります。

00_spike

専門知識も要らず、シンプルで、安く、気軽に始められるサービス、ぜひ使ってみてください!

SPIKE(スパイク) – 決済手数料0%のオンライン販売サービス

 

また、運営会社の社長さんのSPIKEにかける熱い想いをブログで読むことが出来ます。
非常に興味深いです。
メタップス社長のブログ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です